東宝怪獣どっさり紹介:モゲラ・バラゴン・モスラ1964・フランケンシュタイン・ラドン | 路地裏の散歩者

東宝怪獣どっさり紹介:モゲラ・バラゴン・モスラ1964・フランケンシュタイン・ラドン

カテゴリー:

お知らせ

こんにちは。 2代目です。 追加新商品もあり、ドカッと予約受付中でございます。 https://jp.ric-toy.com/ いずれも5月14日(月)まで。 お見逃しなく! 予約開始しました商品をドカッと紹介していきましょう。 (ただいま中国に来ておりまして、まとめて失礼いたします) まずはついに、ついに東宝大怪獣シリーズに仲間入りした 「フランケンシュタイン」

もう このイメージ画像のイメージ元になった、 スチール写真がカッコイイですからね。 イメージ画像も気合入っております。 是非お手元にフランケンシュタインが到着しましたら、 懐中電灯とドライアイスでモクモクさせながら、楽しんでいただきたいですね。 リック版には高島忠・・川地堅一郎が付属。 抱きかかえられるシーンを再現できます。

そして初版から長らく経っていた宿敵 地底怪獣 バラゴンもセットされております。

リック限定のフラバラセット、この機会にぜひ。 続いて、Mobile Operation Godzilla Expert Robot Aero-type つまりモゲラの紹介です。

こちらもね、逆光、これこそ川北特撮だ!っていうイメージ画像で 仕上げました。

昭和モゲラも好きですが、 あのモゲラがこうなるか!っていう最新鋭モゲラ感がスゴイですよね。

発光もします。 Mobile Operation Godzilla Expert Robot Aero-type こちらもお見逃しなく。 そして再販のラドン(1956) 個人的にはイチオシ それはなぜかと聞かれれば、飛行ラドンを新規で作ったからでございます。

手の平サイズの飛行ラドンですが、 思わず手に持ってグルグル飛ばしたくなる魅力があります。 頭の中ではキーンッと鳴りながら飛んでおります。 これはオススメです。 まだまだ続くモスラ1964DXセットの登場。

平和なモスラ親子、 映画では力尽きた親モスラがその温もりで卵を孵化させるんですよね。 生まれてきたのが双子の幼虫。 東宝大怪獣シリーズで親子が揃ったという、 ほんわかした温かい気持ちになれるセットでございます。

どさどさと紹介してきましたが、 締め切りは5月14日(月)17時まででございます。 お見逃しなく! 最後までお読みいただきありがとうございます。 次回の更新をお楽しみに。


By 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
路地裏の散歩者