ゴジラ(1989)「ビオゴジ」大阪上陸予約開始!写真撮影の舞台裏 | 路地裏の散歩者

ゴジラ(1989)「ビオゴジ」大阪上陸予約開始!写真撮影の舞台裏

カテゴリー:

東宝30cmシリーズ

皆様こんにちは! 三代目でございます。 本日は好評受注中の「東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(1989) 第四種警戒体制『大阪上陸』口閉じVer.」をご紹介! ※今回のビオゴジ発売に伴い、酒井ゆうじ氏への特別インタビューも公開中でございます。 東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(1989) 第四種警戒体制 『大阪上陸』口閉じVer. 酒井ゆうじ氏 スペシャルインタビュー 2014年に発売した酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(1989)第四種警戒体制「大阪上陸」のビオゴジが口を閉じた仕様で再登場致しました。

前回との大きな違いは言わずもがな頭部の造形でございます。 口を閉じたことでよりシャープな印象となり、シルエットの美しさが強調されております。 酒井氏が呼んでいる(酒井氏インタビューより)「ビオゴジライン」という頭部から尾先にかけてのビオゴジ特有の美しいシルエットラインにも表れております。 メイン画像に使用されている、斜め前からの全身の画像をご覧いただければ、この魅力がわかるかと思います。

また、このビオゴジは頭部と胴体が一体となっており、首の部分に継ぎ目ができないように成型しております。 ※そのため胴体~顔にかけては新規金型での成型となっております。 この一体になっている点は前回発売のビオゴジも同じですが、今回はそこに更に+αの要素が入っております。 前回のビオゴジは頭部と上顎(上の歯や口内部分)が一体で成型されておりましたが、今回のビオゴジは頭部と上顎を分割して成型。 これにより上顎の歯をよりシャープに、原型の再現度を高めて造形することが可能となりました。 この点は今回グレードアップされた点と言えるでしょう。

更にもう一点前回と異なる点は少年リック限定版に付属するスーパーX2のオマケパーツ!

今回のビオゴジに合わせ、新規に造形致しました。 ※スーパーX2は酒井ゆうじ氏の造形ではございません。 前方が開いたファイヤーミラー発動時の状態を再現しております! そして最後に個人的に取り上げたいのが今回商品画像にも使われているイメージ画像です! 特にこの一枚は実際に煙を発生させる装置を使い撮影した一枚です。

煙を発生させながら後ろから色の付いたライトを当てることでこのようなカットが撮影できます。 こうしたものもある種の特撮と少なからず言えるのでしょうか…。非常に楽しんで撮影することができました。 最後までお読みいただきありがとうございました。 受注は10/30(火)17時まで!商品ページはこちらから! 予約忘れの無いようご注意下さい! それではまた!


By 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
路地裏の散歩者