あれから20年。 | 路地裏の散歩者

あれから20年。

カテゴリー:

未分類
皆様こんにちは!
三代目でございます。

来る12月16日(日)に科学技術館にて開催される「スーパーフェスティバル79」に出展致します!

出展情報はこちらから⇒https://jp.ric-toy.com/sf79_info/

限定品は「大怪獣シリーズ 恐竜戦車 ソフビ組立キット」!

恐竜パーツが蓄光素材となった、個性的な商品となっております。
その他訳アリ品、新作の展示品も引っ提げて参りますのでご期待下さい!

そして今回紹介するのは先日受注開始したこちらの商品!

デフォリアル ゴジラ(1998)です!
受注ページ⇒https://jp.ric-toy.com/pdeg03r.html

1998年公開のハリウッド制作の「GODZILLA」に登場した、通称エメゴジでございます。

このエメゴジのデフォリアルへのまさかの登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。
2019年のハリウッド版ゴジラの新作公開を控える中でのこのエメゴジ!

何を隠そう今年は2018年、1998年のエメゴジの公開から丁度20周年なのです!

この20年の間、ゴジラは様々な進化、変移を遂げてきましたがその中でもこのエメゴジはある意味異質。

放射熱線を吐かない、単一個体からの繫殖など、ゴジラの常識を覆すようなキャラクターです。
それ故に色々と語られることのあるキャラクターではありますが、「VSデストロイア」で平成VSシリーズが完結し、その後ミレニアムシリーズ、ハリウッド版リブート、シン・ゴジラ、アニゴジと大きな変化を遂げる中で意義のある存在なのかもしれません。

今回デフォリアルのフォーマットに落とし込む中で、デフォルメ的な可愛さとその爬虫類的なリアルな質感をミックスする事ができたのは、造形した原型師の腕の妙と言えることでしょう。

更に今回、少年リック限定版の特典にはベビーゴジラが付属。

劇中でマジソン・スクエア・ガーデンにて孵化し、卵から姿を現した姿で立体化致しました!
更にその足元には餌となる魚の姿が…!

そして、このエメゴジは先日幕張メッセにて行われた東京コミコン2018でも展示致しました!

展示品の中でも予想を上回る反響をいただき、特に海外のお客様に反応いただけたのが印象に残っております。

このエメゴジですが、受注締切日が12/25(火)17時までとなっており、受注期間が他の商品と比較して短くなっておりますのでご注意下さい!

受注ページはこちらから⇒https://jp.ric-toy.com/pdeg03r.html
当日には間に合いませんが、今年のクリスマスプレゼントとしても是非。

是非お見逃しなく!

こんにちは。

2代目です。

ブログ本編は3代目に任せましてー

実はもう一つあった

あれから20年の話を。

身内話で恐縮ですが、

われらのリーダー”Gee”もエクスプラスでトイを始めて20年になりまして。
その時に発売したものがコチラ。

何の偶然か、何の因果か、はたまた宇宙的なエネルギーか。
20年の時を経て、再びエメゴジの商品が発売となるのです。

当時は組立が必要な商品として、
多少のデフォルメが施されリリースされました。

コダワリは、

パッケージに、少年がゴジラを持っている写真を入れたところとのこと。

何か縁を感じるトラゴジ、

デフォリアルゴジラ1998 どうぞお見逃しなく。

最後までお読みいただきありがとうございました!


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
路地裏の散歩者