勇者立つ! | 路地裏の散歩者

勇者立つ!

カテゴリー:

大怪獣シリーズ

 

 

 

 

 

皆様こんにちは!三代目です。

本日はこちらを紹介!

大怪獣シリーズ ULTRA NEW GENERATION ウルトラマンガイア(V2) 登場ポーズ」です!

ティガ、ダイナに続き遂にガイアも変身後の登場ポーズにて立体化!

遂にTDGが揃い踏みです。個人的に一番好きなウルトラマンでもあるため、熱量も高めです。

 

ところでそこのあなた、もしかしてガイアと言えばズドーン!の着地でしょう、と考えておりませんか?

確かにガイアの変身は土埃を上げて大地に降り立つあのダイナミックな登場が最も印象的ですが、右腕を上げて登場するいわゆるオーソドックスなウルトラマンの登場ポーズも本編中で見せております。(第30話、第44話、劇場版 など)

 

特に印象的なのは第26話「決着の日」の変身!

商品画像の中のイメージ画像もこの時のガイア(V2)の初登場のシーンをイメージしております。

藤宮からアグルの光を受け取った後、我夢の「大事なものなんて、いくらでもあるじゃないかー!」のセリフと共に降臨するガイア。

その胸には青い光が宿り、ガイアの新たな力であるヴァージョンアップを象徴する、黒いプロテクター(ガイアブレスター)が現れるのです。

(この時の、アグルのテーマと同じコーラスが混じった劇判BGMが最高に場面を盛り上げてくれます!)

中盤でウルトラマンの基本の姿が変わるというのも斬新で、帰マンやタロウ、レオなど昭和シリーズのブレスレット系アイテムの追加や、変身者が変わる事によって姿が変わったネクサス、復讐の鎧から解き放たれたヒカリなどもいますが、純粋なパワーアップとして基本スタイルの姿が変わったのはガイア(アグル)ぐらいではないでしょうか。

胸が黒くなっただけでとても引き締まった印象になり、より一層頼もしくなった記憶があります。

※それまで持っていたV1ガイアのソフビの胸を黒く塗った人は私以外にもいるのではないでしょうか…笑

 

そして、話が脱線してしまいましたが今回は撮り下ろし画像も紹介!

まずは正面。

ガイアの凛々しい表情がよくわかるかと思います。

ボディも前回前々回のティガ、ダイナと同じくメインスーツアクターの一人であった権藤氏の体型を参考に、逆三角形の引き締まったボディバランスで造形!

真後ろからも1枚。

勿論後ろ姿も抜かりなく劇中のガイアを再現。

引き締まった大臀筋や力強く上げられる右腕が、大地の赤い巨人たるガイアの存在感を引き立てております!

 

そして勿論今回も、限定版には発光機能を搭載。

カラータイマーと両目が発光!

やっぱりウルトラマンは光ってこそ!

 

このウルトラマンガイア、私自身も一ファンとしては見逃せない一品となっております…!

是非お手に取ってお楽しみ下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

そして、本商品の受注は11/5(火)23時まで!

商品ページ:https://jp.ric-toy.com/psug01r.html

ティガ、ダイナと追いかけていただいたお客様は勿論、「ウルトラマンガイア」ファンの同志の皆様の期待も裏切らない一品となっております!

 

この機会を是非お見逃しなく!

光をつかめ!

 

三代目


By 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
路地裏の散歩者